So-net無料ブログ作成

岩城滉一が宇宙船で飛んでも宇宙旅行者と認定されないかもしれない。なぜ? [芸能界]


 
 ニュース13.jpg
 
 俳優の岩城滉一さんが、14年に宇宙飛行に挑戦することが18日
 
、明らかになりましたがせっかく自腹で(約1千万)で行っても宇宙
 
旅行者と認定されない可能性があるということです。
 
 
理由は地上から何キロ離れた空間なのかが問題みたいです。
 
 岩城さんの乗る「リンクス・マークⅠ」はロケットエンジンのみ搭載し、
 
飛行機と同じように離陸した後、空中でロケットエンジンの出力を一気に上げ、
 
高度約60km(大気圏内)を目指すそうです。
 
 ニュース13.jpg
 
 
 
「リンクス・マークI」の飛行はサブオービタルである高度100kmの宇宙空間に達しないため、
 
サブサブオービタルとも呼ばれています。
 
 「準軌道(サブオービタル)宇宙旅行は「弾道飛行」とも呼ばれるとおり、
地上から弾丸が弧を描いて飛ぶように地上100kmの宇宙に到達し
、地上に帰ってくるものです。」
 
ニュース13.jpg 
 
 
 
ですから「リンクス・マークI」に搭乗したとしても、国際航空連盟(FAI)が定義している
 
宇宙空間(高度100km)や、アメリカ連邦航空局(FAA)が定義している宇宙空間(高度80km)
 
に共に達しないため、宇宙旅行者(民間宇宙飛行士)と認められない可能性があるそうです。
 
 
せっかくお金払っても宇宙旅行者として認定されない、記録に残らないとあれば
 
少しもったいないような気がします。
 
あと少し高く飛んでくれればいいのにと思ってしまうのは私だけ? 
 
 
 
 

 

 

 

ヴァージンギャラクティック社が世界で初めて実現する民間宇宙旅行の全行程をアニメー­ション映像


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
【代引き版】いつでも、どこでも、片手間バストアップ!「2分26秒」の秘密!ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。