So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシアの隕石落下・ツングース大爆発その他動画 [災害]










広範囲の被害は105年ぶりロシア・ウラル地方に落ちた隕石は

直径15m、重さ700t 被害総額は31億円以上

突入前の速度は時速約6万4000キロ。音速の約50倍

1908年シベリアツングース地方に落ちた隕石以来の

大きさということです。


ニュース13.jpg








強烈な空振が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林が炎上し、約2,150平方キロメートル[1]の範囲の樹木がなぎ倒された。1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れたという。破壊力はTNT火薬にして10-15メガトンと考えられている。爆発によって生じたキノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できた。イルクーツクでは、衝撃による地震が観測されたという[2]。爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出されている。
巨大な爆発であったが、近くに村落が無かったため、死者は報告されていない。一時、死者1名と報告されていたが、誤報であることが明らかになっている。ただし非常に僻地であるため、発見されなかった犠牲者がいた可能性はある
ソース元ウィキペディア

【動画いろいろ】 隕石が空中爆発 ロシア ウラル地方で250人超負傷 [災害]







ウラル地方の上空で隕石が爆発


隕石が落下・空中爆発する瞬間 映像いろいろ


地球に直径400kmの隕石が衝突したら



2月15日 ロシア・ウラル地方のチェリャビンスク州で15日朝、

多数の隕石片が降り注ぐ現象があり、ロシア当局によると、

隕石片で窓が割れるなどして住民らはパニック状態に陥った。

負傷者は250人を超え、うち3人は重傷だということです。

地表に落ちたら隕石、遠くの空で光っているのが流れ星

ということなんでしょうか?

つい最近日本でも火球現象が観測されました。

2013年1月20日 爆発音とともに関東の空を照らした流れ星


そういえば明日の明け方大きめの奴が地球に大接近しますので

これも要チェックです。


動画で観る小惑星接近!2月15日午後7時24分(日本時間16日午前4時24分)


追記
インタファクス通信によると、隕石落下による負傷者が約千人に
達したとロシア内務省。 2013/02/15 23:22 【共同通信】


ロシアに落下した隕石の大気圏突入前の直径は約15メートル、
重さは約7千トン。NASA発表。 2013/02/16 09:39 【共同通信】



【動画】(M)8.0の大地震と津波で被災したソロモン諸島東部サンタクルーズ諸島 [災害]









【2月8日 AFP】(一部更新)マグニチュード(M)8.0の大地震に見舞われた太平洋の島国ソロモン諸島では、地震発生から2日たっても強い余震が続き、救援活動が難航している。当局は8日、これまでに13人の死者が確認されたと発表した。震源に近い東部ネンドー(Ndende)島沿岸部では最大20か村が津波に襲われ、住宅を流された被災者は6000人に上るとみられる。


 
首都ホニアラ(Honiara)から600キロメートル以上離れた被災地では、最大都市ラタ(Lata)の空港の滑走路のがれきは取り除かれたが、相次ぐ余震のため航空機の着陸が難しく、救援活動は進んでいない。さらに、8日朝に起きたM6.6の余震で滑走路が損傷した可能性があり、被災地の視察に向かったソロモン諸島のゴードン・ダルシ・リロ(Gordon Lilo)首相を乗せた飛行機は首都に引き返したという。  政府の防災当局によると、被災地では余震を恐れて住民が物資を取りにいけず、厳しい環境の中で避難生活を送っているという。


【関連記事】 動画 藤井聡京大教授 首都直下型地震は8年以内に100%起きる。





【代引き版】いつでも、どこでも、片手間バストアップ!「2分26秒」の秘密!ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。